[はじめの一歩 新シリーズ] #3 : 一歩 vs 山田 直道 ! 私たちは永遠にお互いの良い兄弟になる / Hajime no Ippo Season 2

[はじめの一歩 新シリーズ] #3 : 一歩 vs 山田 直道
[はじめの一歩 新シリーズ] #3 : 一歩 vs 山田 直道
[はじめの一歩 新シリーズ] #3 : 一歩 vs 山田 直道
Hajime no Ippo Season 2
Hajime no Ippo Season 2
Hajime no Ippo Season 2
—————————————————-
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。各話数の通し番号の表記はそれぞれ
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。主人公のみならず脇役である仲間やライバル達の戦いも詳細に描いている点が特徴的であり、作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。
登場人物の多くにボクシングの歴史を彩った実在選手の姿が投影されている。作者自身も実際にボクシングジムのオーナーで著名なプロボクサー達と親交があり、『週刊少年マガジン』誌上でも若手を応援するコメントなどを載せている。
発行部数は2013年時点で9400万部を達成[2]。1991年(平成3年)度、第15回講談社漫画賞少年部門受賞。
2012年12月5日発売の週刊少年マガジン2013年1号で、連載1000回を迎えた。
なお、週刊少年マガジンは2015年より電子書籍版の出版が始まったが、本作は作者である森川の意向により電子書籍版に掲載されておらず[3]、1巻から60巻及び100巻が電子書籍として出版されていた単行本も同年8月31日で配信を終了した[4]。
199X年[5][6]日本の東京の町[7]を舞台とし、とりわけその一角にある「鴨川ボクシングジム」を中心に物語が展開される。
国名・地名や有名施設は実在のそれに準じており(後楽園ホール、両国国技館など。「下野動物園」といったように一部例外もある)、市民の生活や感覚もおおむね作品の連載時期であった90年代のそれに準じている。 さらに、鷹村の家の黒電話が留守番電話になる、青木や木村が携帯電話を持つようになる、登場人物が皆シャツインの着方をしなくなるなど劇中でも実際の90年代日本と同様の変化がみられた。しかし連載が2000年代に入っても尚この世相を反映させる傾向が続いたため、DVD[8]、スマートフォン[9]、ETCなど、時折90年代の時代設定に不釣り合いな要素もみられるようになった。
登場するボクサーやボクシングジムはすべて架空のものであるが、例外的に実在する海外の有名ボクサー(当時の現役含む)や引退済みの日本のボクサーは引き合いに出されることがある(ファイティング原田、マイク・タイソンなど)。
#幕之内一歩 , #はじめの一歩 , #AnimeMoments